2008年10月07日

緒形拳さん死去

(もう今できるわけじゃないけど)梅安さんと半兵衛さんが死んじゃったんだなーとか、役選ばなかった人だなーとか、なんかせつないです。

TV権が無かった頃にはほとんど自分の意志でTV見たことなくて、いいかげん大人になってから、人の勧めで再放送のいい日本映画やドラマを一気見したような感じなのですお。
だから、緒形拳っていえば変なドラマ(家族の誰かがたまたま見てるような番組)に出てるどーでもいい役者ってイメージしかなくて、昔は特に好きな役者じゃなかったんですお。

でも、座頭市で勝新と共演したやつがどれもすごくて、特に「昔ギラギラした殺し屋だった人が市に負けて脚を失ったことにより、数年後に全く別の人間に変わっていた」って人の演技がすごくてですね。ホントに生き方変わって別人になった人間を見た思いがしてですね、それが映画枠じゃなくてTV枠の短い中で見せられたことで、勝新演出すげー、ってこととともに、緒形拳ってすごい役者だ、って思ったのを覚えてます。

あんなに一人の人間の形が変わった姿を、ストーリィからじゃなく演技で見せられたのって初めてだったような気がする。ほんものの役者ってあんなことできるんだって(勝新はノドで季節を巡らせることができるけど笑)。

梅安さんの演技を見てたら、この人って全部出し切って生きてる人じゃない、ダークな面(鬱屈としたものって意味です)を持ってる人なんだな、って思ったんですが、そういう人の死に際ってどんな心境だったんだろ。
人は必ず死ぬものだし、充実した人生を送って死ぬことができたんだったらそれは哀しいことじゃないって思うんだけど、なんかすごいよかった演技が走馬灯状態で脳裏を駆け巡るなー、って思ったりしますた。

あ、それは役者なら良い死に方っていうのか。笑。
posted by deco at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | エセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107717859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック