2005年12月20日

私の漫画は果たして本当に萌え系なんだろうか

いや最近『まんが 防衛白書』でぐぐってみたりとかこのサイトへのアクセスの痕跡を見てると、「『まんがで読む 平成17年版 防衛白書』が萌え化」とか書かれてるのを時たまみつけてマジで頭をひねっていたんですが、こんな禿しく萌え絵で埋めつくされてるサイトさんとかでわざわざ記事で取り上げて下さってるのを発見すると、私の絵は本当に萌え系なのかとか勘違いしてしまいそうです。

だってだって昔の仕事先では脱力系とかへな絵とか言われてたわけで、どっか(忘れた)に営業かけたら「ぬっちゃけ萌え絵が欲しいんだよねー」とも言われ、現状も萌え絵が描けず頭抱えてたりもしてるわけで、そんな私の絵が「萌え」とか言われてると思うと正直非常に動揺します。何か悪い冗談としか思えん笑。
.
.
ていうか『まんが防衛白書』自体でも特に乳揺れとかパンチラとかメイド服着用とか猫耳とかそういうこと(萌えを誤解してますかそうですか)は全然してないのに…。


つうかキャラにしても、この仕事始めてからずっと使ってるキャラなんですが、

デコ

↑こんなキャラを本当に萌えとか言っていいんだろうか…というか。

(ちなみにこれ、『PC-DIY』という雑誌に載せて頂いたものです。
一度限りのネタのつもりだったのですが、元ネタの絵とは妙に相性がよかったらしく、さほど苦労もせず救急隊員の顔とか描けて御満悦だったりした当時だったのですが、これを描いてからしばらくの間は誰の顔を見ても筋肉線が見えてしまい、脳内で板垣絵に起こしてしまう自分がいて、その後遺症が抜けるまで周囲に大変嫌がられるという変な苦労があったものでした。)



どう見ても脱力絵です。
本当にありがとうございました。


posted by deco at 19:10| Comment(11) | TrackBack(3) | エセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

だがそれがいい。

Posted by だ・ぞ(・∀・)っд`) at 2005年12月20日 19:23
あー、そりはね、ついんてーるとひらひらの服がコードなのだよ。たぶん・・・
Posted by peter at 2005年12月21日 06:40
え、そうなの?<ツインテール&ひらひら
ちなみにあの漫画で描いたアンティークブラウス、すごい欲しかったお方がモデルなんだけど、売れちゃったらしいノ…(泣
一年越しの恋だったんだけど、こんなこともあろうかとキャラに着せておいてよかった(そうか?)
Posted by deco at 2005年12月21日 20:26
髪の毛も赤色ですし。いまどきの男性誌向けの絵柄でカワイイ女の子を描いたら、もうその時点で一般的には「萌え絵」かなあと。
Posted by スープ(はじめまして) at 2005年12月22日 23:07
はじめまして。
あれ男性誌向けの絵柄ですか?わーい(素直に受け取って喜んでみる)!
髪が赤というかピンクなのは裏話でも触れましたが、あれ元々自分キャラで、当時髪を赤系でカラーリングしてたのを誇張しただけなんですが、今じゃ名前が同じだけの赤の他人なので、精一杯可愛く描こうと努力中です。でも萌えてもらえる絵に限らず、絵って難しいですよね。なかなか上達しません泣。
今後とも精進しますので、よろしければ見守ってやってくださいませ。
Posted by deco at 2005年12月23日 00:33
萌える萌えない以前に、

縦書きの文章はちゃんと右から左へ書きましょう。

今年度の翻訳もがんばってください。
Posted by 七曜 at 2006年03月09日 18:03
あと、「禿しく」ではなく「激しく」だと思いますが。
誤字脱字には気をつけて書きましょう。
Posted by 七曜 at 2006年03月09日 18:06
政府刊行物にジョジョの台詞を書いたのはビビッた。
パロディのセンスはなかなかよろしいかと。ガンガレ。
Posted by mine at 2006年03月27日 09:39
>mineさん
コメントありがとうございます。
私も正直あれが通ったのにはビビりました笑。今後もなんとかがんがります。
Posted by deco at 2006年03月28日 17:22
こういう本を描いてしまった事について、ちゃんとスタンス決めないとダメだよ。
しかし、いくら仕事がないと言っても、こういう仕事は受けない方が良いのに・・・。

正直、この手の問題は一漫画家の手に負える問題じゃないので、今後はいろいろと覚悟しておいた方が良いかと(脅しじゃなくて、マジで)

斉藤貴男氏の本にも取り上げられているし、これからは「こういう本を描いてしまった作家」ってレッテルが貼られるわけだよ?

作家としての危機管理もしっかりしないと。
Posted by とりあえず at 2007年11月11日 23:51
はじめまして?ですよね。
お返事遅れまして申し訳ありません。
私のスタンスにつきましては、このお仕事などを通じて考えたことを描かせて頂いた『平和の国のネバーランド』の方を、機会がありましたらお手に取って頂けると幸いです。

どちらのお仕事も、大変有意義な経験をさせて頂いたと思っています。
今後とも精進していこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。
Posted by deco at 2007年11月28日 04:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

防衛白書が萌え化!?
Excerpt: 丸の内オアゾの丸善で偶然すごいものを見つけてしまった。 まんがで読む!平成17年版防衛白書 !? こっ、これは・・・ついに防衛白書までが萌え本に? B5版で32ページ、定価は350..
Weblog: インビジブル・ハンド
Tracked: 2005-12-25 03:56

まんがで読む防衛白書が萌えと評され苦悩する作者
Excerpt: 萌える防衛白書と揶揄された漫画で読む防衛白書 だが、 各方面で「萌え」と批評されていることに作者が苦悩しているようだ。
Weblog: ■ 専守防衛 Exclusively Defensive Defence
Tracked: 2006-02-28 00:09

まんがで読む平成17年版防衛白書 <小ネタの坂道>
Excerpt: どーも―マグロンです。 今日は別ネタがあったんですが、 時間が無い・・・ 暇が無い・・・ てかマンドクサイ orz とか言いながら更新してる訳ですがwww さて、 今日ニュー..
Weblog: マグロンの徒然日記
Tracked: 2006-03-27 18:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。