2009年07月12日

また熱射病

なんかちょっぴり長期的な仕事が決まった感じだお。
詳細はまだ書けないけどがんがる。
つかこれからまた生活ハードになりそう。
わたしは割といろんなことに気を散らすタイプなので大丈夫だとは思うんだけど、でも反面、何かに集中してる時にはやたら近視眼的になったり心が狭くなったりすることも多いからきをつけよう。


ところで私が私淑しているアンティークジュエラーさんのギャラリーが復活しました。
ルネサンス」という名前です。
リンクコーナー整理中のまんまなので、記事中での紹介ですが、こちらで扱っている品とオーナーのGen Katagiri氏の解説は、いつでもホンモノの美とユーモアを教えてくれます。いわゆる「ジュエリー」という観点からではなくて、各時代に人間が造った特例的な作品を紹介してくれる。石モノ好きな人よりも、人の手の技やそのセンスに魅せられる人にオススメ。
なんていうか、ホンモノって実物がまたすごいんだ。画像だけじゃなくて、ぜひ実物を目で見てほしいです。
ホンモノの迫力って、他のアートと共通して、アンティークでもまた同じだね、って思うとこ。時代の流行とか資産価値とかじゃないんだ、って思い知らされます。
興味ある人はぜひぜひアクセスしてみてネ★




そんで今回のタイトルですが。
なんかここんとこ恒例だなーと思うんですが、ここんとこまた微熱が続いてて、ついに1月越えますた。そんでいつも眼の前がぐらついててだるいので、あんまりお出かけとかできてません。セール全然行ってねええええ。
この症状、これで3回目くらいなのですが、お医者に逝ってもこれといった原因が見当たらないらしいので、熱の方が飽きるまで放置するしかない有様なのでありました。
だけどだるいんだぞー。
やりたいことがいろいろあってもだるくて身体動かないこと多かったりして、正直焦る。



かわりに引きこもってる間にとうとう『魁!クロマティ高校』つながりでフレディ・マーキュリー→Queen→フレディソロの探求の旅に出ていて(それまで『フレディ・マーキュリー』どころか『Queen』って存在自体を知らなかったというすごい無知っぷりでした。ヒゲメタボ期を見てひとめぼれしましたが、ディーコンさんの控えめな笑顔がツボりました)、やたら絶好調にフレディ散在をしてます。
18インチフィギュアを買ってしまうまであとほんの一線って感じなのですが、どうせならいろいろ着替えさせたいので、アクションフィギュアの素体を買ってきてメイクとか胸毛植毛とかしてやる方がいいのかもしれないなーとか悩んでます。

つかQueenやフレディについてはまた別途書くとして(簡単に書き切れないお)


 ▲
フレディ晩年のこの美しさは異常
posted by deco at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123305600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック