2010年04月19日

ミハエルは終わってないもん!◆中国/上海GP

久々の更新がこれか、という感じですが、ようやく今期初めてF1 本戦観れました(いや、何故かずっと忙しくしてて)。

そんで、ようやくミハエル復帰を観れたのですが


あのな、解説うるさいよ!

「皇帝の交代劇」とか、フレーズとして叫びたいんだよな、字面いいもんな。
かつての無敵の帝王が無惨に後進に抜かれてく有様は、サディスティックな快感があったことだろうよ。

でも、レース投げてるかどうかって、観ててわかるんだよ。
マシンの仕上がりが満足いくものかどうか、それが結果にどう響くか、スタート前のミハエルはいつも相当率直だよ。
出来は決して満足なものじゃないって言ってたってことは、レース展開が芳しくないだろうことは予測済みだったんだろう、って思うんだ。けど、ミハエルは全然投げてなかったよ。
観てる私はほんとに辛かったけど、ミハエルのコース取りは全然錆び付いてなんかいなかったし、ともかく完走したのは立派だと思うよ。
そもそもフェラーリが鉄壁になるまで、ミハエル(とジャン・トッドとロスブラウン様)が何年かけてチームを作っていったのか忘れたのかと。
何といっても4年のブランク後の別のチームでの復帰なんだよ。
「戻ってきた意味」とか言ってるけど、右京さんは同じ条件で同じ成績を出せるのかと。そこまで結論的な言葉を、もう口にできるのかと。何様かと。



とか、激しく腹を立ててたら、なんか貧血状態になってしばらく倒れました(バカ)。

実際、ミハエルが次々と抜かれていく様を観てるのが辛かったんだと思います。でも、ミハエル投げてなかったから、ファンとしてこの先もちゃんと見届けるもん。


…見てろようるさい解説一同ども。



とかいって、今日の夜は仕事が手に付きませんでした。
わたしだってまだ諦めないもん、とかいってもうすぐ夜明けだよ…。

posted by deco at 04:52| Comment(2) | TrackBack(0) | F1関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのコメント、一日千秋の思いで待っておりましたよ・・・
そうなんですよ。 ミハエルはいきなりぶっ飛んでゆく人ではないんですよ。
旧・ベネトンでも、フェラーリでも・・・
いきなり良い車を与えられて、あたりまえに結果を出すんじゃなくて、どうしようもないチームや車を、コツコツ、チマチマと改良して行って勝つんですよ。
そういうパワーを持ってる人なんですよ!

そんなミハエルを、私も応援します!
(今年のルノーのエース、ちょっとイタいキャラの人だし・・・)
Posted by とも○ at 2010年05月03日 17:44
わー!と○きさんだー!
コメレス溜めっぱなしで一年近くすいません、というか、無精なせいで見捨てられたかと…。
あと、いろいろおめでとうございます!

まだ記事書いてないですが、スペインGPではミハエル復活の兆しが見えて、ほんとに感動的でした。

>いきなり良い車を与えられて、あたりまえに結果を出すんじゃなくて、どうしようもないチームや車を、コツコツ、チマチマと改良して行って勝つんですよ。
そういうパワーを持ってる人なんですよ!

 ↑
ですよね!
そんなミハエルだからかっこいいのに。

そいえばレッドブルが表彰台な時代が来るなんて、想像もしてませんでした…笑。ドライバーも面変わりしましたねー。覚えるのに必死です。

今年もF1話とか、よろしくでっす!!
Posted by deco at 2010年05月12日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。