2010年09月27日

通販ページつくりました

やっとブログいじる時間がちょっとできたので。

以前、防衛弘済会さんから出版して頂いた、

・平成17年版 まんがで読む防衛白書
・平和の国のネバーランド

の2冊の通販ページをやっと作りました。
コチラになります。
ピンスリープがでこくーる(その他PN)の屋号となってます。


弘済会さんが出版から撤退する時に在庫を頂いてきたのですが、破棄するよりは人様に読んで頂きたいなーと思っている次第です。.

今更感がありますが。

★『平和の国のネバーランド』は、私という一個人が、防衛本に関わることをきっかけに、『平和』について考えたことをまとめた漫画です。
当時考えたことの精一杯ですが(そして細工物とかの有形の文化に嗜好が偏っているのは私だからですが)、今も、おそらく今後もずっと考えていくテーマになるだろうな、と思っています。ちなみに登場している架空の国ですが(ちなみに2番目のはクマじゃなくてアナグマの国です)、1つの世界の旧い時代から近未来の設定で、各国や各民族の歴史とか、漫画に使わなかった部分もアハハウフフな感じで設定してあります。いつか、この世界観での逆年代記とかやってみたかったりします。

ちなみにモザイクタイルはマイクロモザイク画から思いついたもの、アナグマが祀っているのは廃棄ミサイルの残骸、金細工は古代エトルリア発祥で、後の時代にもその復刻が行われた粒金・縒り金細工がモデルです。こうした有形文化が時に破壊、消滅し、時に形を変えながらも伝えられていく側面にも、私は『争い』『権力』『人の持つ美意識と知性』『人が人たる証の1つ』のような意味合いを感じたりします(アンティークおたくなので)。それらは多分に権力の象徴であり、壊すべき旧いモラルの象徴であり、同時にそれらを造り上げた無名の人々の存在や、そうした美しいものを造り、愛することのできる人間の善なる部分を感じます。
力不足でそこまでアプローチし切れませんでしたが、『争い』『平和』を考えるときにはいつも、そうした幾多の文化のことを考えます。
人が争ったり共闘したりする理由は利権ばかりではなく、文化的な側面(というか人の心というか)も必ず張り付いていると思うので、その辺からも目を逸らしたくない。これは国家間レベルでも個人レベルでも同じだと思います。


この本や、今後の仕事に反映される何かが、受け止めてくれた誰かにとって、その人なりに『平和』や『争い』について、その他いろいろなことについて、考えるきっかけになってくれると、すごく嬉しいな、と願ってます。



★『平成17年版 まんがで読む防衛白書』は、ひょんなことから関わらせて頂いたお仕事で、あたりまえですが私的なものというより、責任重大なお仕事だと思いました。
具体的なお仕事に入る前に一番気にかかっていたことが、「自分が変だと思うことがあったら、それを描けるだろうか(広報誌であって、プライベートなものではないので、そういうこともあろうかと)」ということでした。その辺、本気で不器用なので、良くも悪くも自分くさい物以外作れないようだったので。
しかも、「2日取っての打ち合わせ含めてすごく過酷なので、みんな怖がってやりたがらない」とか、前もって弘済会さんに聞かされていたし…正直不安でいっぱいでした。
「広報という役割には沿っていつつも、一面的な嘘臭いことだけは描かない方向でいきたい」と、やたら思い込んでいました。

しかし、防衛省(当時の防衛庁)さんのご担当者様はとても良い方で、まず、私の制作方法をご理解頂き、作画に入ってからの大きな修正は絶対無しにして頂きました。内容的にも、おそらく当時の国内外情勢も関係あったのでしょうが、かなり自由な空気の中で質疑応答、ネーム制作をさせて頂きました。どっちかというと「この際はっきり描いた方がいいんです!」とのことで、そこまではっきり描いちゃっていいのかこっちが焦るほど、内容的にも自由にやらせて頂けました。なので、個人的には、仕事としての割り切り的に、一広報誌に関わったとは思っていません。

長めの打ち合わせこそはありましたが、私は特にピックアップしたい箇所の指示を頂き、その箇所の『防衛白書』を読みつつ自分なりに構成しただけなので、自分なりに納得できたこと、疑問に思ったことをそのまま反映させて頂くことができました。
とても有り難く思い、感謝しています。



ちなみに、別に私はいわゆる「右」でも「左」でも「ネトウヨ(笑)」でもなく、できるだけ自由な思考と立ち位置でこの2作を描いたと思っていますし、これからもそんなふうに在りたい、と思っています。
当時の精一杯での、今見ると稚拙さも目立つ作品ではありますが、愛着深い作品です。
ともすれば思考停止か無関心か極論に走りがちな昨今の微妙な社会情勢の中、ぜひ手に取って(作者にツッコミ入れつつ)いろいろ考えてみてほしいな、と思います。

何卒、よろしくお願いします!



ということで、通販ページ完成記念用に1P漫画でも描こうかなーとか思ったのですが、そのうちうpします(結局だめですいません)。
posted by deco at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163875199
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック