2006年04月19日

ひたすらお裁縫の日だった

以前買ったアンティークの微妙に小さいブラウスと相当小さいけど襟が可愛いブラウスがあって、両方をばらして使える一着にならんだろうか、と思った挙げ句、布の山と化していたのですよ。一年くらい。
んでこの間掃除をした時、いい加減小汚なすぎるから何とかしよう(駄目だったらパーツ売りしよう)とか思い立ち、一昨日あたりからスパートかけ始めました。
その甲斐あって、とりあえず「もう少しで一着のブラウス」と「レース部品&古布」との2種類に分かれたのですが、気付いたら一日終わってました。

クリスティ評は、ポアロ&ヘイスティングスの楽しい漫才が頭から離れないので、せめて対象書籍の拾い読みくらいして頭を切り替えないと駄目だと思いました。てゆか今書くとヒゲとマゾの話ばっかになってしまう…。
posted by deco at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。