2006年06月19日

昨日はCOLD MINK NIGHT vol.3でした

FC限定ライブ。しかしチケはオクに出てたらしい。
ちなみに午後2時半集合整列3時開場の筈が、やたら仕切り悪くて3時をわりと過ぎた頃にやっとのろのろと開場になったのでした。全体として押してたというか、そこかしこ仕切り悪かった。

蒸し暑くしかも雨だったので、ちょっぴり殺気立ちつつ入場。ドリンクチケをベンジースペサル(ベンスペ)に交換して、灰皿前をゲトー。.
.
ちなみにベンスペですが単なるウォッカオレンジジュースでした。
やさいおまえはウォッカとオレンジジュースという単純な配合でできてるのか。それでいいのか本当にいいのか、と念を飛ばしながらベンスペ飲んでると、ライブがようやく始まる。

始まったところで、前に逝ってダイブとかしたい香具師らが行ける範囲も自ずと決まって来るわけで、後ろの方にいても何だかまばらな鮨詰め状態。
どうせ鮨詰めだったらいっそチェルシーホテルでのライブみたく、喫煙可であるにも関わらず酸欠で火が消えるくらい鮨詰めの方が、何となく潔い気がする。要は箱のキャパとちょうどいい定員数が微妙にずれてる感じなんだと思う。
や、程よく全ての場所がまばらに鮨詰め状態な結果、一番後ろの壁際の床の座り込むこともできないってどうなの、って思って。個人的に最近は、「始めの数曲や好きな曲はやさいを見ながら聴く→基本的には飲酒喫煙しながら後ろでだらだら聴く→気が向いたら一曲分くらい前の方の過密地帯に分け入ってって踊る」というのが気に入ってる参加のしかただもんで。


最初の2曲はやさいのギターと、多分前にもいらっさったバイオリンの人が入り、ライブの開始の選曲とは思えないほど静かで優しく美しい曲。2曲目(新曲?)で不覚にも半泣き。
しかしその後どこぞの学生さんのようなおねいさん二人がベースとキーボードであらわれ、『新しい風』のコーラスが入った時には申し訳ないがマジでorzポーズになってしまった。
だって…このコーラスは福士久美子さんのものなのに!
福士さん>>>>>>超えられない壁>>>>ひろし
ではあっても、前回のJUDEの時には我慢できるレベルだったのに、ひろし以下ってどういうこと。


そこで何だか一気に気持ちが萎え、トイレ逝ったついでにBLACK HALL(いちばん強い酒だそうな。テキーラベースにレモンジュースだって)を頼んで、連れ放置で体育座り。や、ライブ前になんか個人事業主として大変困難な事態に直面してしまったのですが、『新しい風』の禿げしい萎えで頭が完全に現実に戻ってしまった。やさい歌ってるけど、どう対策打てばいいのかが頭をぐるぐるして、歌声が全然届いてこないよ。
やさいがそこで歌ってるのに、これってすごく哀しいことだと思う。私のマホ−。


ライブ後、一応表面は取り繕って(人様の前ですから)連れと合流し、興味本位で2階に上がったところ、なんと福祉久美子さんとニアミス。
達也には声かけらんなくても、福士さんだったらかけないわけにはいかない。ソロのとある歌が物凄く好きなこととかをしどろもどろに伝え、携帯カメラで一緒に写真撮ってもらいました。
一枚目は暗かったので、福士さんたら気を配ってくださって、少し明るめなところに移動して、多少ましな写真が撮れたのですが…操作を間違えて消してしまったorz
いや私は禿げしく福士さんファンで、そこらでみかけたやさいに声かけるのとどっちが舞い上がるだろう、ってくらい禿げしくファンなのですが(間近で拝見してもお美しかった…)、仕事上の問題対策とBlack Hallと舞い上がりが渾然一体となってしまって、一晩たった今でもご挨拶を交わせた実感がない…。

ちなみに携帯撮影も当然駄目だったらしく、撮り終えたあとちょっとしてから「撮影はやめてくださいー」とかいうスタッフの指示が飛んでしまいました。しかも連れに撮ってもらってる最中、通りがかりさんに「女ってこえー」とか言われてたらしい。


いや欲望に忠実なマナー違反人間になってしまい、ちと反省。
でも問題対策が念頭から離れなかったり、やっぱ超が付くマナー違反行為をやってしまったのだろうか、とか思ったりで、どういう気分でいればいいのかわかりません。


そんな感じのライブでした。
posted by deco at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅井健一関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。