2006年11月19日

正直あの場に居続けなくてよかったと思うけど、思う

つうか私の学生時代のカリスマ(でも著書を読んでる間に『この人怪しいかも』と薄々疑い始めたことから、自力でその境地から脱出)だった学者がやっぱ経歴不明のマジ怪しい人物つうか、どっちかというと活動家?な人物だったことがわかりました。

自分の中では「言行不一致の思想家(私の中で、自称「思想家」に対する最低の評価)」という評価で片付けた過去の人物だったのですが、なんか裏付けが取れちゃった感じでいまだに軽いショックを受けた自分にまたショックでした。

…そもそもこの人の本、まだ一式残してある時点で(ry

つうか研究の場が余りに生臭いんで逃げてきたようなもんなんだけど、この世界ってどの場所に行っても生臭さはあるもので、要は結局人間も生き物だから、生物臭がするのは仕方ないのかもしれないなーとか、どうでもいい感慨に耽ったりしました。
つうか人間の生物臭=生臭さって、やっぱ人間の祖先はインスマウスとかそういう類いのものだったんですかそうですかorz
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
以前微妙なコメントを残した者です。ほぼ記憶の彼方かと思われますが(笑)

進路が無事に決定したのでまたコメントさせていただきました。ちょくちょく見させては頂いてたんですが、書き込みする時間がなかなか取れなかったもので(汗)

自分も高校生活の中で一度だけ、でこさんのような経験をしました。ある程度予想はしてましたが、結構ショックを受けました(苦笑)
もっとも、まだ在学中なので過去形ではないのですけれど。

ともあれ、1月12日を楽しみにしております。クラスでも早速話題に上げておきましたので。
ではまた。
Posted by 生徒怪長 at 2006年11月21日 21:58
>生徒怪長さん
お久しぶりです。進路決定、おめでとうございます!
ショックな経験ですが、自分で著作からその人物像を考え、それに判断を下すというのは、それなりに実になる経験だったのかな、とも思ったりします。
その判断が間違っていたらまた訂正すれば良いだけの話で(それ出来ない人多いけど)、大事なのはソースから自分で何かを判断することなんじゃないかな、とか思うのですよ。
…ショックなんかじゃないやい笑。

1/12、楽しみにして下さってありがとうございます。私も楽しみにできるよう、きっちりがんばろうと思います★
Posted by deco at 2006年11月24日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27774905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック