2014年07月19日

PS3『シャリーのアトリエ』いよいよ発売しました!(シナリオ書きました)

『シャリーのアトリエ』ですが、ガストさんの伝統ある『アトリエ』シリーズの中の、黄昏3作目にあたる作品になります。
(アーシャ、エスカ&ロジー、の続編にあたります)

シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ (通常版) -
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ (通常版) -

実はアーランド3部作は眩しいくらい明るくて、基本マイナーコード進行のわたしには辿り着けない世界だなあ(笑)と思ってたんですが、黄昏シリーズは終末に向かう世界の中での錬金術士たちの奮闘のお話、という世界観がばっちり好みでした。
なので、お仕事のお話を頂いた時には、このシリーズなら大きな失敗はしないだろう(自分がマイナーコードだから)、という変な自信と、このシリーズの3作目を自分が書けるんだ、という喜びとでだんだら模様状態になってました。

その意気込みと高揚感がどこまで伝わっているかは、ユーザー様のジャッジに任せるしかありませんが、ほんとに楽しく精一杯書かせて頂きました!
まだ自分が何者になりたいのか、迷いを抱えながら生きている少女ふたりが出会い、世界の秘密を巡る冒険に巻き込まれ、時に諍いながら友情を育み、成長していく物語です。
誰もが楽しめる作品だと思いますので、ぜひ遊んでみてほしいです☆

.
ちなみにうちのチームは昨年から(大人の事情で)『株式会社ピンスリープ』という会社になり、わたしはメインライター兼シナリオ寄りプランナーという位置付けでお仕事をする形式に変わり…といっても、営業時間内には起きていること以外に大きな変化はないのですが…
今回のお仕事は、会社として請けた、初めての大きなお仕事になります。
町の人会話やシステムまわり以外のシナリオ丸ごとということで、否が応でも緊張感も高まります。
時間のないスケジューリングでしたが、そんな中でもディレクターの岡村様はとても柔軟で密な対応をして下さる方で、限られた時間内でライター側に迷いが生じないように気を配りつつ、それでいながらライターの個性も大切に自由に書かせて下さったので、とても充実した楽しいお仕事になったと思います。
今回の仕事の経験を糧に、更に精進して行こうと思います。
岡村様、ありがとうございました&今後ともよろしくおねがいします!

タイトなスケジュール等でやり切れなかったことも多かったとは思いますが、そんな中で、サブライター共に特に気をつけたこととしては。
●前2作の続編で、引続き登場するキャラクターもいる、とのことだったので、とにかくキャラ像を壊さないように、キャラたちがあれからどんな風に生きてきたのかを考えながら大切に書くこと。
●せっかくのダブル主人公なので、ロッテとステラの目に映っているものは、ロッテなり、ステラなりに異なるもので、他のキャラクターに対する対人距離も異なってくるよう、絶対頭の隅に置いて書くこと。
(要は各ルートが単なるセリフ違いにならないように、ユーザーさんがいろいろ想像を膨らませられるように書いていきたいっていうか)
●とにかく作品内でキャラがちゃんと生きているよう気をつけること。
でした。
ちなみに大人の事情で出せなかった前作キャラたちも、もっともっと出したかったです(笑)。

ステラとロッテの出会いと友情は、ツボにはまったときの女の子たちの友情のテンションを詰め込んだ感じです。いや、リア充女子なら普通に異性に向かうのかもですが、女の子どうしでも時々「この出会いは運命かも(笑)」的なノリにはまっちゃう場合ってありますよね。そんな子たちの距離の詰め方と、ある日突然やって来る「コレジャナイ」感、そして(ここからはフィクションの中にしかない幻想かもしれないですが)改めて他人どうしとしてゆっくり育み直す友情、は、すごく書きたかったもののひとつです。
貴族として、権利も義務もその手に引き受けるジェラールにも、個人的なオヤジ趣味ですごくこだわりました(キャラの性格の微変更を押し通させて頂いたほどこだわりましたw)。でも同じくちょいワルオヤジのキースさんは難しかった…キースさんは難しかった…キースさんは難しかった…。

ステラとロッテ。タイプも境遇も違う2人の少女が、最後にどんな答えに行き着いたのか。
ぜひぜひ見届けてあげてほしいです。

posted by deco at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。