2014年12月24日

教会は人のためにあるのであって、人が教会のためにあるわけじゃない(怒)

たぶん2014年12月頃書きかけた記事だと思うんだけど、なんか途中で終わってるのを発見したよ!
...
何のひねりもないタイトルなわけですが、今日はイエスの誕生日(仮)なので、教会に行ったんですよ。
といっても、比較的近所で見繕っただけなので、どういう教会なのかはHPから程度からしか予備知識はありません。「あまり干渉されない」という身近な数件の事例とか母体の身許が比較的はっきりしているという点(日本のプロテスタント団体は怪しいところが多い)で、まさかのカトリック系を選びました(何故「まさか」かというと、自分が全然尊敬してないペテロたち初代弟子たちが作った教会がカトリックの始祖ということになってるからです)。
それで、生誕祭ミサに行けばその教会の雰囲気が一番わかるかな、と思ったのですが…前夜にひとりイエス祭りで夜更かししすぎて寝過ごしまして…起きたらミサ開始時刻からだいぶ経ってたので機を逸したと思ってがっかりしたわけですが…それでも教会そのものの雰囲気だけでも、と、気を取り直して出かけてみたのでした。到着してみると、勿論ミサは普通に終了していて、出席者のためのクリスマス会が別室で開かれていました。受付の方が「よかったら…」と仰ってくれたのですが、せっかくなので神父さんと話してみたい旨を伝えて中に通してもらい、どうやらミサ終了でくつろぎたい感じの神父さんを発見して話しかけてみました。
そして自分の今のスタンス(自分に合う教会を探している最中、仕事の都合で受洗に必要な定期勉強会受講無理だけど元新約学専攻だったこともあり自分にも可能な方法はないか、神父さんなら自分の疑問に答えてくれるのではないかという願い)を丁寧に伝えると、「まずは勉強会受けてよね」っていう内容をものっそ高圧的に言われて追い払われたという。

(多分今まで出会ったことのあるキリスト教聖職者や研究者信者が例外なく「キリスト教教義的立場」から一切降りてくることなく率直に感じる質問を切って捨てたことについて、「そんなんで教義ゴリ押ししかしないって全然対話姿勢があるって言わなくないか?」「それ布教じゃなくて押し付けだろ」とかいう怒りを書こうとしたんだとは思うけど、覚えてないので略)

ということで、「切実に水が欲しいと訪れた人間に教会謹製聖水()しかないし一定の条件クリアしないと与えないよ」っていうんじゃ、教会なんのためにあるの?(怒)」ってなって、さすがペテロの作った教会だぜ!とヘイトな気持ちになったイブでしたとさ、というエントリーでした。
……だったと思われます。いいよもうキリスト教徒にならなくたって。はぐれイエス信徒で。

せっかくなのでサルベージアップ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。