2007年07月01日

6/27 やさい「Sparkling Head Tour」初日恵比寿リキッド

タイトル通り、6/27にやさいの今年のライブツアー、
「Sparkling Head Tour」初日の恵比寿リキッドに逝ってきました。

今やってる仕事の数度に渡る締切りの1回目の前日だったんで、ほんとに意地だけで行ってしまって(やさい友達の人たちとの交流は諦めた)、結果的にそのタイムロスは結構厳しいものについたんだけど、でも後悔はしてない。だって生やさいに物凄く飢えてたし、やさいは私に希望とかそういう力をくれる。一番私が見落としがちな、シンプルであることの力や豊かさを教えてくれる。それで私は自分のまわりくどい思考の檻(考え深いというわけではない)から、少しだけ自由になれる。


.
ちなみにちょうどアルバム2枚も出たんで、直接お店に買いに行った人は予習済み、私はアマゾンに予約してたら発送が遅れたらしくてまだでした。つうかチケットFC枠で取り忘れたら一緒に手配してくれた友達と話したんだけど、「やさいの曲ってスルメ系だよね」って(笑)。
いわく、最初取っ付きにくくても、聴いてるうちになんか味がわかってくる場合が多かったりとか、聴く度に印象が変わったり。
だから次のCHITTAまでにゆっくり聴けば全然大丈夫かなとか。逆に何も知らない状態でライブ初聴きした印象をアルバム聴く時に引っ張ってくるのも面白かったりするかなと。

そんなこんなで臨んだツアー初日でした。
思ったより知ってる曲が多かったってことは、ツアー中にアルバム曲が増えていくのかも。
「浅井健一」名義のスリーピース構成にもだいぶ慣れたし、多分メンバーも慣れてきたんだろうと思う。というのは、初めて「浅井健一」名義のを聴いた時の印象は、音バラバラって感じだったから。それが精々、ツアー初日では新曲の割合が少なめで、音自体は出来てるって感じになったのは、バンドとしての慣れというかこなれの進んだ証拠なんだろうな、と。

やさいは相変わらず自由な存在で、美しかったです。この人の歌ってる姿って、それだけでカタルシスがある笑。ギター弾きながら歌ってるその瞬間を無心に楽しんでるというか、自分たちの織りなした音の一部になってるように見える。その度に私は、そうして出来上がった音の空間の一部に、私もなれていればいいな、と思いながら、音に委ねて自分の感情を自由にしてやる。

ちなみに今やってる作業は、仕事しながら新曲を咀嚼できるタイプの作業じゃないので、アルバムはまだお預けにしてあるのですが、
片方の『Rod Snake Shock Service』は完全に現状「浅井健一」名義バンドとしての一枚、
もう片方の『CHELSEA 』はSherbets色の強い一枚になってるようです。Sherbetsもまた冬眠明けするらしいので、嬉しいな−。やさいがバンドの形態で女性コーラスも欲しい曲作りをしていくなら、やっぱSherbetsでやってほしいっていつも思うのですが、このライブでその気持ちが更に強まったので。
残念ながら束沙のコーラス、やさいと合ってないんですよ。
やっぱり福士久美子さんじゃないと駄目なんですよ(私の中では)。んで、Sherbetsの曲を他のバンド編成でやってほしくないんですよ。それは、この後JUDEについても書くことだけど、「声」や各パートの音がウェイトを持ってる曲づくりを、やさいがしているからなんじゃないか、と思うのです。この辺は、BJC時代からのファンがその後のやさいの曲にどこか物足りなさを持つことが多いみたいなのと似たような気持ちなのかな。
というわけで、JUDEの曲はJUDEとしてやってほしいって感覚にもなってて(最初は抵抗あったんだけど笑)、『DEVIL』はベース=地獄、ドラム=池畑さんじゃないと嫌だ、って思うんですよ。イントロのやさいのシャウトの後には地獄のシャウトが続いて欲しいし、池畑さんの存在感のあるドラムが欲しい。
椎野さん担当だった曲たちは、やっぱ他の人じゃなくて椎野さん独特の色気のあるドラムじゃなきゃ物足りない。
ひとつ怖れるのは、「浅井健一」名義の曲で、これはこのメンバー編成じゃないと嫌、って後で思うような曲ができるのだろうか、ってことです。今の所、残念ながら存在しない。


ちなみにこの日のライブで嬉しかったのが、このところの私の気分とすごくマッチングしてる『Green Jerry』を演ってくれたこと、聴き覚えはあったけど何とも思わなかった曲にすごくドラマを感じてしまって、私にとって大事な1曲になったことです。
それ「Dark Cherry」なんですけど笑、すごい明るい曲なのに漂ってくるこの破滅感というか終末感ってなんだろう。すごいドラマティックな曲だ。聴きながらつい、曲合わせで映像とかを脳内で組んでしまいました(笑←よくやってる)。

ちなみにこの日は仕事的にすごいハードな日だったので、100%音と一体化することはできませんでした。でもやさい観れてよかったです。
posted by deco at 00:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 浅井健一関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"浅井健一"ソロ活動では、レコーディング時の顔ぶれとツアーメンバーが違う楽曲がすごく多いというか、今回ライブでやった中でBa.タバサ、Dr.シンペイで録った曲もほんの数曲あるかないかって感じで。

"CHELSEA"内の福士さん参加曲も今回は聴けないと思っていたら予想外にやってくれて、嬉しさ半分寂しさ半分の気分でした。キーボードの部分、ギターでやっちゃうなんて( ´Д⊂ヽ
やはりソロ活動では、個々のメンバーの必然性が薄められている気がします。

嗚呼、ツアー後半で福士さん入ってくれないかなぁ。
チッタのステージとか3人には広すぎると思うよ(意味不明)
Posted by ボニーいいよボニー at 2007年07月01日 01:39
どもです。
"Rod Snake"は全部Ba.タバサ、Dr.シンペイだと思ってた、というか、まだアルバムでのレコーディングメンバーをきちっと見てなくて、そんなことになってたとは知らなかったです。
『Jhonny Hell』でも思ったけど、確かにライブで聴けばその躍動感はある。だけど、曲自体の感触が全然違う。そういうのって、個人的には哀しいなあと思ったりします。
BMGレーベル出しなのって、セクシーストーンズはそんなに経営が危ないんだろうか、とかそういえば思ったこともあったっけ、とか笑。

どうせなら、Ba.タバサ、Dr.シンペイじゃないと駄目な曲をつくんなきゃ、今のバンドは意味ないじゃん。逆に、レコーディングでこの面子じゃ不満があるなら、レコーディング時のメンバー連れて来いよ、って思うんですが、きっと色々大人の事情があるんでしょうねー。

福士さん…福士さんラヴっていう私情を除いても(笑)、今のやさい世界にとって存在でかいですよね。福士さん参加ならAX二日とも逝っちゃうよ!って感じです。

そいえばシンペイのドラムの音量、一時期のひろしの力任せドラムとちょっと似てたと思ったのは私だけでしょうか?
Posted by deco at 2007年07月01日 05:06
初レスだったのに名もなく挨拶もなくすんません(o_ _)o

>確かにライブで聴けばその躍動感はある。だけど、曲自体の感触が全然違う。そういうのって、個人的には哀しいなあと思ったりします。

同感です。

「危険すぎる」なんてサビを格好よく演れるのなんてベンジー以外に誰もいないし、ライブであのイントロが始まるとそれなりにテンションは上がるんだけど、どうしたって照井さんのグルーブじゃないのとか、林檎のエロいコーラス(笑)がないのが気になって。

他の曲も然り。曲作りをする時、メンバーによってミラクルが起きるってベンジーがよく言ってるけど、それはライブでも同じですよね。一人欠けたら全然違うものになってしまう。

>そいえばシンペイのドラムの音量、一時期のひろしの力任せドラムとちょっと似てたと思ったのは私だけでしょうか?

タイトで格好良い演奏もあったけど、音量過剰でビックリして、せっかく曲に入り込んでいたとこから引き戻された場面が・・・。
Posted by Coyote at 2007年07月01日 21:58
初コメです。
北海道にみおちゃん出てきて、水やったらしい。
セトリだいぶ変わってます。
Jさんが覗き見したセトリには20曲以上書いてあったそうですが、その場の雰囲気でやる曲変わるのは当たり前で、それに合わせられるスタッフも凄い。
知り合いはチバもそういうことするから、たまに間違えるそうです。
噛めば噛むほど味が出るスルメ系になったのはJUDEからな気がします。
Posted by SKUNK at 2007年07月18日 04:53
>Coyoteさん
いや、誰だかすぐわかったので全然桶です笑。
先日のNHKでも思ったけど、だいぶまとまってきたところはあるんですよねー。
でも、何か特有の色がないから、この曲はこのメンバーで、っていうのがやっぱり無い感じ。
勢い系の曲も、勢いだけじゃ乗り越えきれないのかも、ってFIXERの感想同感なので思いました。いや林檎は林檎じゃなくても別によかったんですが笑。

>SKUNKさん
実は喋ってていまだに「みおちゃん」が何者かわからない私です。今度解説してください笑。
スルメ系だなーって思ったのは、実はSherbetsからだったんですが(BJCのラストあたりから聴き始めた遅いファンで、最初あのリリカルなメロディラインとやさいの声の取り合わせに違和感があった)、今思えば、私の知らなかった頃の若かりしやさいの歌声がすごい新鮮で、ある意味スルメだったりします。笑。
今「ライラック」とか「海を探す」とか「15才」とか歌ったら絶対雰囲気違うだろうなーとか。
Posted by deco(Rod Snake) at 2007年07月28日 22:51
CITTAだよね!スペル間違えてるよね!
恥ずかし乙女〜!
Posted by deco at 2007年08月13日 05:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46312937
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック