2007年09月20日

ここはしょぼくれるところじゃねえ!怒り狂うところだ!

『16歳の娘、斧で警察官の父を殺害容疑』な事件が先日起きたりして、その年齢の頃、父親とは絶好調に不仲だった私としては「すげー奴があらわれたなー」とか普通に見ていたのですが。

なんか、そのあおりのせいで、『ひぐらし解』の放映が危ぶまれている模様…。
今夜『ひぐらし解』が放映されず、打ち切りが決定でもしちゃったら、たぶんそれが合図で
雛見沢大災害が起きるんじゃないかと思われるのです。
つうかここまで来て『祭り囃子編』まで見れない日にはLV5発症しちゃうよ!
でもまあ、運命は変えられる、とのK1の言葉に従って、とりあえずは静観ってとこですな。


こういう時だけブログ更新ですいません。

↓一応リンク先のニュース記事のソース.
.

16歳の娘、斧で警察官の父を殺害容疑 「嫌いだった」
2007年09月18日12時55分

 18日午前4時40分ごろ、京都府京田辺市、京都府警南署交通課巡査部長(45)方から、妻(41)とみられる女性の声で「主人が斧(おの)で首を切って自殺した」と119番通報があった。消防隊員が駆けつけると、2階の寝室で巡査部長が首から血を流して倒れており、すでに死亡していた。田辺署員が返り血を浴びた専門学校生の次女(16)に事情を聴いたところ殺害を認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。


警察官が殺害された民家を調べる捜査員ら=18日午前10時6分、京都府京田辺市で、本社ヘリから

 捜査1課と田辺署の調べによると、巡査部長はランニングシャツとパンツの下着姿で、右首の数カ所に傷があり、体の左側を下にして倒れていた。争った形跡はなかったという。

 警察が到着した際、次女は1階の居間にいた。居間には、血が付いた刃渡り約11センチの小型の斧もあった。斧はこれまで自宅になかったものとみられ、府警は次女が事前に準備したとみている。次女は「私が斧で切りつけた。以前から父が嫌いだった」などと供述しており、府警は動機を調べている。

 巡査部長は、妻と短大1年生の長女(19)、次女の4人家族。勤務していた南署によると、巡査部長は交通課交通係で交通事故の捜査などに携わっていた。17日は公休で、18日朝から勤務の予定だった。同署の関係者は「とてもまじめで、悩み事を抱えているようには見えなかった」と話している。
asahi.com


posted by deco at 09:22| Comment(6) | TrackBack(0) | エセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酒鬼薔薇事件でエコアザが放送打ち切りになったのを思い出すぜ。
Posted by peter at 2007年09月25日 14:23
あの時はマジでムカついたよね。
Posted by deco at 2007年09月27日 08:36
この動画おもろい。ひぐらしネタ。
Posted by peter at 2007年09月30日 23:24
↓これね(ニコ動のアドレスも貼ってみた)。
   …てゆか「羽入は俺の嫁」って…笑
Posted by deco at 2007年10月02日 05:36
ニコ動、アカ持ってないんだ・・・

Nice boat.の「意味」をようやく知った。
まー、アニメでやるようなネタじゃないな>スクデイ最終話
映画とか小説ならアリだけどさ。
アニメでやるのはチャレンジャーつうかバカつうか、他のメディアでやってることやってどーすんだ? と思うなりよ。アニメは映画の代替品じゃねえぞ。
Posted by peter at 2007年10月04日 08:50
あ、保守になるかわかんないけど、とりあえず同じ物を貼っといただけー。<ニコ動
おかげでNice boat.の意味を私もはじめて知ったわけだけど、
ついでにようやくヤンデレの意味もニュアンス込みで理解した。
個人的にはそれ、レナより詩音だと思うけどなー。
スクデイ最終話に関しては、その前がどうだったのかも想像ついちゃって、
ファンの人には悪いけどギャルゲー系を現実に置き換えるとこんなもんだよな、とか、
女子に総モテシチュって究極的には主人公って受け身で来る物拒まずなフリーダムだよなーとか、
それにしても薄い内容だよなーとか、
色々思ったものでした。笑。
女がヤンデレにまでなる意味がわかんない。それとも「来る者拒まず受け身フリーダム男」ってすごい魔性なのか?
Posted by deco at 2007年10月05日 12:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56230311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック