2008年01月06日

ショック死◆1/6 Sherbets「MIRACLE GIGS」恵比寿リキッドルーム

今回のアルバム『MIRACLE』のツアーの皮切りは年末の名古屋でのカウントダウンライブで、インタビューでももの凄く意気込みを感じたので、やたら行きたかったのですが、諸般の事情で行けませんでした。

その次の公演となる今回、Sherbetsとして活動するやさいや、Sherbetsのメンバーがいる舞台を観るのは何年ぶり(は大げさか笑)だろうとかワクワクしながら出向いたのですが(仕事が詰まっててスタート直前直行直帰だった)。

このアルバムを初めて聴いた時から激しく心を揺さぶられて、この曲だけは生で聴きたいって願い続けてきた「冷たい愛」をやらなかった…!!!
(名古屋では演ったそうで)
名古屋、這ってでも行けばよかったとか、別の意味で涙目になりながら帰路についたのでした。


とはいえ、久々のSherbetsの音はより深みを増していて心地良かったし何度も感涙したし、やさいはいつもの通りとして、ステージでの福士さん(大好きなんです…)はやっぱりかっこよくて美しくてキュートだったし、失礼ながらやさいの音楽のコーラスは福士さん以外にありえない、って感想を新たにしたりしました。
うん。良かったですよ、今日のライブ。
人大杉で途中で休憩したりしたけど、このメンバーで創り出している音の現場に立ち合ってるだけで幸せだ、って思えました。

うん。
行かないよりは無理してでも行ってよかった。
いろいろ絶望しそうなことでやられがちだった昨今、Sherbetsにまた戦う気力を頂けた。
しかし今の私には「グレープジュース」の励ましではなく「冷たい愛」に包まれたかったんだ。
posted by deco at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 浅井健一関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
両方聴けた私は幸せだよね。
いじけてる場合じゃないね。
Posted by SKUNK at 2008年01月10日 00:31
幸せだと思う。
でもいじける時はいじけると思うよ!
Posted by deco at 2008年01月24日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。