2006年01月08日

結局骨董ジャンボリーに逝ってしまった

いや仕事持って気合い服で外出したんだけど、天気がよかったのでつい。
交通費けちろうと思って遠回りしたけど、素直にビックサイトまで行くのとたいして変わらなかった。
会場は想像以上に客大杉でびっくりしました。ま、西洋アンティークの他にも和物やヴィンテージトイとか多彩な出店だったのもあるんだろうけど、「普段古物への興味を共有してくれる人がほとんどいなくて何故だと思っていたというのに、どこにこれだけ潜んでいたんだ卑怯だぞ」という感じでした。続きを読む
posted by deco at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

いずれこれは茨の道

最近なぜいきなりアンティークにとち狂ったのか、と問われたりするので、自分でもなぜだろうとか考えてみるんですが、非常にごく自然な成り行きだなーとしかやっぱ思えなかったりします(興味ない人は飛ばして下さい)。続きを読む
posted by deco at 14:29| Comment(2) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

出かけて帰宅したらレースが届いてた

自分の趣味用としては、今後しばらく購入をお預けにする予定なので、ひとまずこの品でラストなのですが(でも年始にビックサイトで開催される骨董ジャンボリーにはせめて見学だけでも行きたいの…。そして経験上「見学だけでも」というのが危ないわけです)。
1700年代後期のボンネットの修復のために買ったアンティークのトリム(黒)なのですが、出品者が出してた情報ってサイズと画像だけだったんですよ。同時に出していたのはどう見てもマルチーズレース(黒)のトリムで、「まだ誰にも気付かれていない掘り出し物が!」と思って両方入札したら案の定そっちは負けたのですが(ちなみにトリムというのは裁縫素材用の長いレースの一般名称のようです)。
今日来たレースもどう見てもシルクで、ボビンレースの編み方としてはマルチーズクロスが無いだけで、非常に類似してるんですが。もしかしてこれはGOZOレースとかなのだろうかとかそわそわしてきたので、これから晩飯そっちのけで参考書と照らし合わせる構えです。
それなら修復の材料としても想像以上に申し分ない(いや好みの問題で)。
マルチーズレースいうのはマルタ島限定(製作年代も限定)のシルクボビンレースで、模様にマルチーズクロスが入ってるのが絶対条件なのですが、位置付け的には、もともとGozo島(その一帯の島)のレース技術が特化した一部をマルチーズレースと言うそうなそんな感じのようです(黒のシルクはスペイン産が使われたそうな)。んで単なる"Maltese lace"と"gozo maltese lace"の表記の別があって、Gozoがついてる方が価値のあるレアアイテムらしいのですが、実は説明を拾い読みしただけなのでよくわかってません笑。
とりあえず、物凄く華麗でも繊細でもないけどどこか気品のあるこのレースが私は大好きです。どうせなら年代特定ができるところまで行きたいなー。

(どうかマルチーズレースについての情報をもっと私にください)
posted by deco at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

いまあたし、すごい生きてる!(しつこくアンティーク話)

…ってタイトルで昨日は日記を書こうと思ったんだけど、seesaa重くて断念。
てゆか今朝4時頃目覚ましもかけてないのにむくっと目覚め、どうしたんだろうと思ったんですが、これを最後にしばらく控えようと思った某海外オクでスナイプしてたレースの終了時間間際でした。確かに昨日起きれたら様子見て根性で競り勝とうとは思っていたけど、どうせ起きねえと思って適当に入札かけていたのに。わたしマジすごい(執念が)。
ちなみに妥当ラインギリギリの額までぶち込んでおいたんだけど、残り30分くらいまで数人の敗残兵を残して勝ち抜いてたんですよ。
んで残り1分切って、いける!とか思った瞬間、私の額を上回るビッダーがあらわれやがりました。どうせ相手はギリギリ上程度しか入れてないだろうとか高をくくって、どう考えても高めな額まで入れたところ、そいつはそれ以上にぶち込んでおりまして、やっぱり負けてしまったのでした。
わたしこの出品物でいつも負け続け…(ていうかやっぱあれ人気あるなあ)。

そしてもいっぺん寝たのですが、深夜のマジ寒い中闘っていたのがいけなかったらしく、朝起きたら発熱しておりました。昼飯ついでに起きてきたんですが、また寝ます。
続きを読む
posted by deco at 17:44| Comment(1) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

手がぼろぼろ

昨日いっぱいで終わったのが奇跡的なんですが、仕事が終わってからこっち、暇と気が向いた時をみつけてはヴィクトリアンのケープコートを補修してたんですよ。

(今日は途中まで書きかけてる三一論をめぐる愚痴とか人間イエスとケリュグマのイエスの間にあるものとかそういうことをぐだぐだ書こうと思ってたんですが、このテーマわりと胆力要るんで挫折しました。何で胆力要るかって?それは記憶力が本気で無いんで、覚えてる範囲内で書けないため、一応齧ったとか公言してる手前、赤っ恥をかきそうだからです。Q資料も、もういっぺん資料ひっくり返さないと変なこと書きそうだし、そのヘレニズム的影響を考える際に、なぜ自分がアレクサンドリアのフィロンにあたったのかも覚えてないし、ブルトマンなんか読んだけど名前しか覚えてない始末よ笑。)続きを読む
posted by deco at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

きぶんはカーチャってかんじで(←わかる人いるかな)◆白物大好き

もう全身白物ばかりで人生過ごしたい程白物大好きなわたしです。アンティーク物キボンヌで。(白物=基本コットンの服で、私の趣味により、ほぼひらひらしてます)
続きを読む
posted by deco at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ちょっと待てや◆「ヴィクトリアンテイスト」ってやつ

いや昨日の話だしそもそも昨夜書いた文章なんですが、仕事(まだ途中の段階なんだけど)は根性で無事提出しました。つうかその前に長々と記事書いてたらMacがフリーズしやがった上、これ書き終わったらseesaaのメンテ時間にぶつかった…。
ほとんど徹夜だったんですが、しかし約束のタイムリミットを数時間遅れたのが悔しいです。あうう。

そんで、向かう途中必死でエスカレーターを駆け上がってたら、スカートの裾を踏んで思いっきりスカート破いてしまいました。漫画のキャラですか自分。
…お手頃価格なのに久々の自分内クリーンヒットだった1800年代中期頃のペチコート(いわゆるヴィクトリアンですね笑)で、お外に着て出るの初デビュウだったので、聖ショッキンでした。
続きを読む
posted by deco at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

きみのひとみせかいうつすかがみ◇アンティークレースの話

健一の夏ハイドの夏でも聴いてるのは暗いラインナップばっか。
やっぱ今は『本当の世界』と『Anemone』でしょう。

とにかくダチもいず、毎日休みもなく仕事なので(つうても体調悪くてだらけてるなりにこなせる谷間でよかった)、私の今の楽しみは専ら通販(つうか…)です。
とりあえずキノさんのDVD付きブックレット落としまくり、海外オクでアンティークレース漁っておりますよ。アンティークでは、レース以外にもすごい変なもん見つけると世界が広がって面白い。ので、欲しいものを物色するつうよりは目の愉しみのためにあちこち見て回ってる感じです。続きを読む
posted by deco at 13:55| Comment(2) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

最近の浪費傾向

いや家と近所のファストフードの間を行き来する生活なんでつい海外オークションにね…。続きを読む
posted by deco at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ひさしぶりにアンティークペチコートで外出

つうても駅前のファストフードに仕事しに行っただけなんだけど。続きを読む
posted by deco at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする